これから結婚する予定がある人も知っていれば役に立つ!結婚式場の豆知識をご紹介

結婚式場に関する豆知識として、持ち込み料は知っておく必要があります。新郎新婦が自分たちで準備したものを持ち込む時には、ほとんどの結婚式場で料金がかかります。なぜ料金が発生するのかというと、結婚式場では各アイテムを取り扱うショップと提携していて仲介手数料を得ているのですが、持ち込むことで利用できなくなり収入が減ってしまうからです。かかる料金やルールは結婚式場ごとに決められていますので、担当スタッフに聞いてみることが大切です。

結婚式場で利用できる披露宴の演出の種類

結婚式の披露宴では様々な演出が行われ、新生活への第一歩を踏み出す新郎新婦を祝福します。感動のほかに楽しさも提供する場所として、結婚式場の披露宴では多種多様な演出が行われています。結婚式場によっても利用できるものは異なりますが、例えばエントランスでの花火やバルーン、ビデオメッセージやウェルカムスピーチなどは一般的でしょう。テーブルコーディネートやファーストダンス、ゲストや友人達からのサプライズが届けられることもあります。披露宴で行われるケーキカットやゲストとのコミュニケーションを取り入れるカップルも多く、親しい人達との絆をさらに強いものにしています。新郎新婦の出会いや成長の過程を知ってもらいたい場合には、プロフィールムービーがお勧めです。感動的なストーリーを織り交ぜることで、新郎新婦の人となりや、これからの生活への希望を知ってもらうことができるようになっています。これらは結婚式場やカップルの個性によっても異なります。

屋内型の結婚式場を利用するメリット

屋内型の結婚式場は、天候に左右されるため安心してイベントを開催することができます。雨や風邪などの悪天候が心配される場合にも、屋根があれば心配することなく進めることができるでしょう。季節を選ばないのも屋内型の結婚式場のメリットです。寒い冬や暑い夏でも快適な環境を提供することができるため、高齢の方やお子さんも参加しやすくなります。また、エアコンや暖房に加えて音響や照明、トイレや待合室などの設備が整っているのも特徴です。これにより快適な空間でゲストをもてなすことができるようになり、ゲスト側も参加しやすくなります。外部からの視線を気にすることなく、結婚式に集中できるのもメリットの一つです。プライベートな雰囲気を保ちながら、大切な晴れの日を楽しむことができるようになっています。そのほかにも装飾の自由度の高さや安定して提供可能な料理、音楽やイベントが利用しやすいなど様々な利点があるのがこのタイプのポイントです。

希望する日時に結婚式ができる結婚式場を探すためのコツ

カップルで予定の合う日程でなかなか結婚式場が抑えられない、ぴったりの式場を見つけたのに希望日時は予約で埋まっていたなど、結婚式に関するスケジュールのトラブルはありがちです。希望する日時に挙式できる結婚式場を見つけるためには、いくつかのコツが存在していまs。まずは余裕を持って計画を立て、結婚式場探しを始めましょう。人気のある結婚式場は埋まるのも早いため、できるだけ早い時期に日程を抑えることが大切です。また、一つの選択肢に固執せず、複数の式場を検討することで柔軟性が生まれます。複数の選択肢を比較すれば、より良い方法を見つけることもできるようになっています。さらに平日やオフシーズンを検討したり、ウェディングプランナーの力を借りたりと工夫できることは数多くあります。土日や特定のシーズンは人気が高くて予約が取れない式場も、オフシーズンであれば予約可能かもしれません。式場のスケジュールを熟知しているウェディングプランナーに相談すれば、手助けをしてくれる可能性もあります。

結婚式場を利用するために必要となる最低限の予算

結婚式の予算は地域や希望するサービスの内容で変わりますが、最低限必要な一般的なガイドラインです。結婚式場は地域や施設によって異なりますが、場所は会場の料金だけで10万円から100万円以上かかることがあります。有名人などが利用するホテルや式場などは、高額になっていると考えて間違いありません。 ゲスト一人あたりの食事代やドリンク代がいりますし、招待する数や提供するメニューで変動しますが10万円から30万円程度は考慮しておくと良いでしょう。また新郎新婦の衣装やアクセサリーの購入やレンタル代もあり、これも個人の好みによって数万円から数十万円程度が一般的です。 フォトグラファーやビデオ撮影の料金も予算に含めると、こちらも内容で変わるものの10万円から30万円程度があります。結婚式場に必要なアイテムや印刷物の費用もかかるので、招待状や席次表などプログラムが含まれるため、数万円から10万円程度と考えて問題ありません。

結婚式場で式が多く開催されている時期

結婚式が多く開催される結婚式場の繁忙期は春と秋に集中しています。春の場合は3月もしくは5月が多く、秋の場合は10月と11月に結婚式が増える傾向にあります。その理由として挙げられるのが気候です。結婚式は親族のみならず多くのゲストに来てもらい、喜びを分かち合います。披露宴では新郎新婦と親族、そしてゲストを集めて記念撮影をすることも多いですが、暑い季節や寒い季節は服装の問題もあり結婚式場の屋外広場などに誘いにくいのです。また、春の季節であっても4月は新生活が始まる多忙なタイミングとなるため避けるカップルが多くなっています。 一方で、以前はジューンブライドという言葉が定着していたように6月に結婚式を挙げるカップルも多かったものの、近年は減少傾向です。日本の場合は梅雨の時期に当たり、雨が降ると屋外の施設が使えないことに加えて親族やゲストの来場に際し苦労させてしまうという理由で避けられるようになっています。

結婚式場で開催されることもあるブライダルフェア

ブライダルフェアとは、結婚式場や関連業者が主催するイベントで、結婚式の準備に関する情報を提供し、新郎新婦や関心のあるカップルに向けてサービスや商品を紹介する場です。ブライダルフェアでは、結婚式場の会場や設備を見学することができます。内部の雰囲気や装飾などを確認することで、実際の結婚式のイメージを掴むことができるでしょう。また、模擬挙式や披露宴が行われることもあり、具体的なイメージを膨らますことができるのもポイントです。結婚式で大きな要素を占める衣装選びのためにも様々なサービスが提供されており、タキシードやドレスを試着できるのもメリットです。新郎新婦は実際に衣装を身につけてみることで、自分たちの好みやフィット感を確認することができるようになっています。さらに結婚式場の専属プランナーや関連業者、スタッフなどが相談に応じてくれることもあります。予算や希望に合わせてプランの提案が行われ、質疑応答も可能です。

交通のアクセスが良い結婚式場の特徴

交通のアクセスが良い結婚式場には、駅の近くであったり、主要道路を利用しやすかったりなどの特徴があります。特に遠方から参加してくれるゲストがいる、高齢の招待客を招いているといった場合には、交通の利便性の良さは結婚式場を選ぶ上で大きなポイントになります。アクセス良好な結婚式場であれば、ゲストや新郎新婦はスムーズに会場に到着することができるでしょう。結婚式場の近くに主要な駅や空港、バスターミナルなどがないか確認することが大切です。飛行機で遠方から参加してくれるゲストがいる場合には、空港への近さも重要になります。車の利用を前提にしているなら、周辺に十分な数の駐車場かあどうかなども確認しておきます。駐車場が足りないと不便ですし、ゲストや近隣に迷惑をかける可能性もあります。送迎サービスがあれば、安心して利用することができるはずです。近くの交通ハブから利用できる送迎サービスを確認し、式の前にお知らせします。

招待客の数に合った結婚式場を探す時の注意点

結婚式で招待客を十分にもてなすためには、人数に合った結婚式場を選ぶことが重要になります。まずは結婚式場選びの時点で収容できる人数を確認しましょう。ゲストリストを元にすれば、自分達が式で何人の招待客を招くのかわかるはずです。収納人数がクリアできたからからといって、必ずしもゲストが快適に過ごせるとは限りません。表示上は収納人数を満たすことができていても、実際には座席の配置やテーブルの間隔、通路などが狭くて雰囲気が悪くなってしまうこともありえます。結婚式場にはホテルやレストラン、チャペルや屋外会場など様々なタイプが存在しています。ゲストに合わせて選択肢を絞ることも大佐悦です。また、柔軟に対応してくれる結婚式場であれば、予想外に増減した場合にも上手に応じてくれます。費用の調整が可能かどうかも併せて式場に確認することで、予算オーバーを避けつつ理想的なウェディングを実現することができるようになっています。

教会式の結婚式が開催できる結婚式場とは?

チャペルを併設している結婚式場であれば、教会式の結婚式を開催することができます。チャペルがなくても、近隣の教会と提携していれば挙式は可能です。チャペルがあれば、信仰には関係なく誰でも式を挙げることができるので、挙式スタイルとして選択するなら式場に問い合わせてみてください。結婚式場によって、どのような挙式スタイルにも対応可能な場合があります。基本的には予約をした際に、どんな挙式にしたいのかを決定していくことになるので、プランナーとじっくり話し合うことが大切です。挙式をする会場と披露宴を行う会場が離れていると、参列者の負担になることもあるので一度に済ませることができる結婚式場が理想的であると言えます。結婚式場やホテルに併設されているチャペルでは、プロテスタント式を採用していることが多いようですが、どのような人でも参加可能です。出席者全員で讃美歌を歌ったり、牧師が聖書を朗読したりするので神聖な空間を味わうとができるでしょう。